幻のレインボーラムネ

幻のレインボーラムネの存在はテレビとかネットで知っていました。
いつか食べてみたいなと思っていましたが、先日言った薬局に山積みになっているのを発見しました。
ちゃんと本家のイコマ製菓との共同開発と書いてあったので本物です。
本物よりも小さく、ミニとついていましたけど迷わず購入。
普通のラムネよりも優しいくちどけで、美味しかったです。
ネット評判を見てみたらやはり賛否両論。
私と同じく美味しいという人もいるし、本物とは違うという指摘もありました。
本物は大きいのでもっとくちいっぱいに広がるのでしょうけれど私はこれくらいで十分かなと思いましたよ。
でもやっぱり小さいので二つくらい一緒に食べてしまいます。
山積みでしたがおそらく入荷はそれだけだろうから、また買いに行きます。

買えそうにない

子供の頃、というよりもおそらく親にマックに連れていってもらったことはないし買ってもらったこともないと思います。
そういうファストフード否定派の親なので。
だから5年生くらいに友達になった子がよく食べていたので羨ましかったです。
まあ、今から思えばそれで良かったと思いますけどね。
ハンバーガーは好きではないけれど、マックのナゲットとポテトは他のファストフード店の中でも一番だと思います。
ここ数年食べていませんが、ポテトとナゲットしか買いません。
そんな私の為に出来たのかと思うポテナゲ。
二つのセットがお得と聞いたら、久しぶりに食べたいなと思いました。
しかし!サイトを見たらナゲットが10個入り・・・
ポテトは大でいいけど、ナゲットは半分でいいのに!
買えそうにないです。

ネットとの付き合い方

ある日突然、やってもいないことの犯人だとされてSNSで誹謗中傷を受ける。
とても怖いことですよね。
私としてはネットに顔や経歴などを載せている時点でこういうリスクがあると分かっておくべきだと思います。
もちろん落ち度もない被害者ですよ。
でも自分自身が商品である芸能人など、情報を発信する必要がある人以外の一般人が自分の顔や生活の一部を全世界にさらす方がおかしいと思います。
日本よりも海外の方ではあたりまえにアップしているようですけどその神経が信じられません。
未成年も普通にしているようだし、日本も未成年者の方がアップ率が高そうですね。
重ねて言いますが被害者は被害者です。
ネットに自分の情報を載せることに対する嫌悪感から、被害者の人へ厳しくなってしまいますが弁護士をつけて上手く対応したところは素晴らしいと思いますよ。

加害者の言い訳

いじめっこが先生に注意されたときに言うのは、「ふざけていただけ」「冗談だんだった」とかでしょうね。
いじめた側の加害者がどんなに「そんなつもりはなかった」と言っても、いじめられた側の被害者が傷つけられたのだから言い訳なんて必要はありません。
で。そんな馬鹿な言い訳を一企業の社長が公の場の記者会見でするなんて、驚きです。
記者会見のために対策をしてきたんじゃないんですかね?
もうちょっとまともな回答が出来るようにしてきたんじゃないんですかね?
会社の弁護士さんだっていたのに、なんでそんな発言が出るのか不思議で仕方がありません。
ちょっとうけ狙いだったのかもしれないけどそんな雰囲気ではないですしね。
とにかく記者会見は完全にマイナスでした。

大抵は家族の話し

先輩薬剤師さんとお昼を一緒にたべると、大抵は家族の話しになります。
一週間に一回だけ一緒になる、薬剤師Kさん。
19歳の娘さんが44歳の職場の上司と付き合っているそうです。
バツイチで25歳の娘がいるって聞くとちょっとびっくりです。
自分の娘よりも若い女の子と付き合う男って、どうなんでしょうかね。
精神年齢が低いからかなり年下の人としか付き合えないんじゃないかと思ってしまいます。
年齢差の問題もあるけど離婚して一か月で付き合いだしたとか聞くと、なんか信用できるかどうか微妙です。
離婚するまでにどのくらいの距離がその夫婦にあったかにもよりますけどね。
二十歳にもなっていない新人の、女の子ですよ。
入社してちょっとしかたっていないし、ひとごとながら微妙な気持ちになりました。

amazonを利用することはほとんどない

以前は何回か購入していましたがamazonを利用することはほとんどありません。
しかし先日購入した先ではamazonが代行して発送しますという連絡がきたんです。
まあ、以前にも他のサイトの通販で似たようなことがあったのでとくに問題はないと思っていました。
しかし、購入先のサイトの会社とあまり聞いたことがないサイトから発送連絡がきたんでうすよ。
追跡番号とその追跡するサイトも別々です。
どう考えても同じ商品なのになんで二か所から発送連絡があるのか。
もしかして二回クリックしてしまってダブル発注をしたのかと、ちょっとあせりました。
到着した段ボールが想定していたよりも二倍の大きさでした。
開けてみたら、箱の中に箱があるというものでゴミが増えて迷惑です。

言葉のあれこれ

言葉のあれこれ
姑息ってマイナスなイメージとかずるい、卑怯というわけではなくて一時しのぎという意味なんですって。
とりあえず、なんとかなればということでここから、卑怯だ、となってしまったという説あり。
このあとにちゃんとした手段を出す、つなぎな手段。
実はもう使わない方がいい日本語
婦人警官、今は女性警察官で婦人が駄目。
婦人は家庭の主婦、年配の人、1990年代の男女雇用均等法で看護婦から看護師、保母から保育士。
外人はやめて外国人というべき。
プロ野球選手がきっかけ
高い契約金を払ってきたのに良い成績を残さないとマスコミが外人を害人としたから。
肌色と今は言わない
黄土色かと思ったら、うすだいだい
17歳 ペールオレンジ
肌色というのは、いろんな肌の色の人がいるからどれが肌色なのか?ということになるからです。

人間は信用が第一

人間は信用が第一だな、と思います。
どんなに素晴らしい功績を残して人から尊敬されるような人だとしても過去に一度でも不誠実なことをしているとしたら残念です。
人によって「不誠実だと感じるレベル」が違うでしょう。
私は浮気は論外だと思いますね。
ただ、一瞬の気の迷いで配偶者とは別の人と体の関係を持ってしまうというのはあるかもしれないなとは思います。
一夜の過ちじゃないけど、一回くらいなら許せるかなって。(笑)
もちろん今後は一生そんなことはしないと誓ってくれるのであれば許せるような気がします。
まあ、実際は本当にそんなことがなければわからないけれど。
一回だけではなくてそれからずっと繰り返すのではれば許せることはないでしょう。

海外ドラマ「ブラックリスト」

海外ドラマ「ブラックリスト」
はじめて見てから海外ドラマの面白さに引き込まれました。
本国ではかなり進んでいますが、私はシーズン3まで見ています。
出産したリズが死んでしまいすごくショックでした。
いや、でも、そんなわけないよね?
最新までリズはいた気がしたのに幻だったのか?
ついついネタバレを探してみたら、やっぱり生きていた!
ちょっと!!
私の涙を返してよと言いたくなったというか言いました。
死んでなくてよかったけれど、ちょっとひどくないですか?
レディんトンに関わったから人生が変わったとはいえ、言いたくないけど「運命」というやつでそれは仕方がないでしょう。
関わっちゃったんだから細部まで守ってもらうしかないと思いますよ。

同じ電車に居合わせた医師

同じ電車に居合わせた医師が、蘇生させて表彰を受けたというニュース。
一般人でもAEDの使い方がわかるからと手を貸す人もたまに見受けられますね。
助けて表彰というのは良いことだと思います。
だって医師とは言え助ける義務はありませんからね。
助けるつもりが逆に何かで訴えられる可能性だってあるわけです。
訴訟大国ではよくあることみたいですけど。
「急病人がでました。お客様の中に医師はいらっしゃいますか?」
というのに手を貸さないという人がいましたけど、それは完全に避難できることでもありません。
そもそも手を出せない分野かもしれないし、責任を取らなければならない事態になる可能性だってあるわけですからね。
もちろん協力した人は凄いですけど裏側の意見もあるということです。