料理と怪我

料理をつくって熱々のうちに家族を読んでご飯を食べる。
普通のことですが家庭でも怪我はつきものです。
私の知人が出来上がった肉じゃがをお皿によそおうしたら、タマネギが手首についてしまったそうです。
大きな鍋だと二つの持ちてをつかんでお皿に入れますよね。
そのときにお皿ではなく腕に落ちてしまったんです。
ニンジンやジャガイモなら腕にあたってもコロっと落ちて行きますよね。
しかしタマネギはペタリと手首についたまま落下しませんでした。
次の日は包帯を巻いていましたが、3日たったあとにそれをとった姿をみたらすごいあとになっていました。
ヤケドのあとではなく、切り傷かと思うほどでした。
綺麗な腕に斜め線が入るくらいでとても痛々しかったです。

コメントは受け付けていません。