言い訳がひどすぎ

アメリカのトランプ大統領はサウジアラビア総領事館で起きた記者の殺害時とみられる音声記録を「おそろしいので聞きたくない」と言ったそうです。
最初はちょっとしたギャグかと思いましたけど、どうやら本当のようです。
大統領が本当に怖くて聞けなかったのか、それともサウジのムハンマド皇太子につながる決定的な証拠を聞きたくなかったのかどちらでしょうか?
後者だったとしても、言い訳がひどすぎますね。
少しは怖くて聞きたくない気持ちもあったんじゃないですかね。
そうだとするとアメリカのトップが聞いてあきれるものです。
この人が大統領になったときも驚きましたけど、あれからアメリカにいいことなんてひとつもおきていませんよね。
アメリカの国民はどう思っているんでしょうか。

コメントは受け付けていません。