子供の将来と親の夢のバランス

はじめて見る男性ピアニストさんがスパルタで育ったという話しをテレビで話していました。
小学生では学校に行ったらすぐに帰ってこい、ピアニストになれなかったら死んだ方が良いという教育方針といのに驚きです。
厳しいだけで音楽の知識は全くない親であり、自分がなりたかったから子供にその夢を託したようです。
短い言葉以外にもっと真意はあったのかもしれません。
しかしこれって、本当にピアニストになって今は本人が笑って話せるからいいですよ。
でも親が子供に職業を押し付けるなんて言語道断です。
子供の将来をつぶすだけではなく、精神状態すら破壊する恐れのある行いですよ。
夢をかなえることが出来るのほんの一握りであり、その一握りの中から成功するのはもっと少ないでしょう。
本人の意志ならともかく押しつけはよくないですよ。

コメントは受け付けていません。