全然違った中身

趣味は読書ですが読みたいジャンルは狭いです。
ここ最近では時代劇ものに手を出しています。
先日、テレビではじめて鬼平犯科帳を見ました。
なんだか私が思っていたのとは全然違いました。
小説だと同心ものが多いんですよね。
だからなんとなく鬼平犯科帳もそういうやつだと思っていました。
新聞には原作がこの作品でつきてしまって最後とあったので見たというのもありますが、イマイチ内容がわかりませんでした。
そもそも、鬼平の役職がわかりません。
火付盗賊改方ってなんだろう?
もともとは火付けの盗賊だったのが改心して、捕まえる側になったのか?
それにしては重鎮風・・・
ネットで調べたら江戸時代で重罪人を捕まえる臨時の役職とか。
全然違いましたね。失礼ですね。(笑)