ノロウィルスの保菌者

ノロウィルスの保菌者で発症しない人がいます。
風邪の1人あたりの感染は数十個なのに、その人達の便には数億個もあるとされています。
ノロウィルスはトイレ対策が必要になる。
アルコールはノロウィルスに対しては効き目がない。
アルコールで消毒する前にきちんと手を洗わないといけない。
トイレでは目に見えないだけでさまざまなところに飛び散っているということを知るべきです。
トイレの個室に手洗い場をつけるべきという意見がありました。
昔は貝類でノロウィルスに感染すると言われてきましたが、今は人の手を介して感染するようになっています。
手袋をどういうようにつけたかが問題になります。
だから手袋をつけているから安全だということにはならないのです。